日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう

最後の晩餐(候補No.2)

但熊「卵かけご飯セット」

2014年7月29日 ~4,000円, おとりよせ王子, ご飯のお伴, 一人で楽しむ, 兵庫県

  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう

DSC_1199

梱包の上に「たまご」って書いてあります。

そう、今回は・・・

DSC_1200

但熊の「卵かけご飯セット」!

個人的には納豆と双璧をなす、「最後の晩餐」候補・卵かけご飯!

納豆といい、生卵といい、外国の方が苦手とするものが大好きなワタクシ。

つくづく日本人だと、箱を前にしばし感慨にふけります。

DSC_1201

但熊は、最寄りの駅から車で40分ほどの山間という、ちょっと交通の便が悪いところにあります。

それにもかかわらず、行列ができるほどの人気店。

DSC_1204

内容はこんな感じ。

お米・醤油・卵と、卵かけご飯を作る上で最小限であり、パーフェクトな構成になってます。

DSC_1205

褐色の卵はを産む鶏の餌には抗生物質を一切使用していないそうです。

20数種類の吟味した単味自家配合飼料を使うというこだわり。

DSC_1206

お米は「夢ごこち」という、粘りがある専用米

卵とマッチしたお米を生産するというこだわり方!

DSC_1207

醤油は2種類。

「卵かけご飯用醤油」と「かき醤油」。

「かき醤油」はアサムラサキ謹製。

DSC_1222

早速、いただきます!

炊き立てご飯の上に卵を直接ON!

(BGMは流行りのファレル・ウィリアムスの”Happy”)

DSC_1225

で、最初は「たまごかけごはんしょうゆ」をかけて、混ぜて、ずるずる。

濃厚っ!(王道!)美味っ!

もちっとしたご飯に、濃すぎない醤油と卵が絡みまくって、一気食い。

はっはっは、どうとでもしてくれよ、もー

DSC_1228

さて、次はこちらで楽しみますかね。

DSC_1227

モンドセレクション2013の最高金賞受賞。

牡蠣のダシ入り醤油。

DSC_1239

先ほどは直接卵をONしましたが、本来は別の器で卵を溶く⇒醤油を入れて混ぜる⇒ご飯の中央に穴をあけて注ぐのが我が家流(割とどうでもいい)。

DSC_1244

ついでにネギを散らしてみました。

DSC_1246

さらに海苔をパラり。

DSC_1248

で、混ぜまくってパクり・・・かき醤油も美味いぃ!

卵の濃厚さに負けないくらいダシが効いていて、先ほどの醤油とは全く異なる卵かけご飯が誕生!

自分の中の『卵かけご飯史』の新しいページが開かれた瞬間!

ものの本によれば、卵かけご飯は栄養ドリンク代わりに良いのだとか。

身体だけではなく、心まで元気づけてくれる卵かけご飯は、もう人生の伴侶と言ってもいいでしょう。

残りの卵は10個。

これで10日間は大丈夫!

購入店
あるまま
購入方法
インターネット
http://www.arumama.net/
楽天で購入する
Yahoo!ショッピングでも購入可能 http://store.shopping.yahoo.co.jp/arumama/
購入商品
卵かけご飯 ギフトセット
商品価格
3,078円 (税込)

山田 二八2014年7月29日

※上記データは2014年7月29日のものです。

※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。ご購入等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

カテゴリ: ~4,000円, おとりよせ王子, ご飯のお伴, 一人で楽しむ, 兵庫県

  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう
  • 日本のお取り寄せをレビュー 日々時々ごちそう

トップへ戻る

ご利用規約|このサイトについて

© 2015 Hibigochi, all rights reserved.